考え方

ハイエナについて

投稿日:

こんばんは

今日はハイエナ(天井・ゾーン狙い)について書こうと思います。
毎度のことながら「こんなん当たり前だろWW」って人が大半な気がしますが気にせず書きます(´Д`)

ちなみに「こんな感じの店が狙い目!!」とか「この機種がオススメ!!」とかそんなんは調べたら星の数ほど出てくるので書きません('A`)
自分がハイエナ専門でやってた頃に使ってた方法というか考え方というかそんな感じのことを書こうと思います。
要は他のブログで書いてあるようなことはわざわざここで書く必要ないかなと思ったわけです(´・ω・`)

今回言いたいのはマナーについてです
ハイエナみたいなゲスい立ち回りにマナーもクソもないわみたいな人けっこういますけどそれはそれでいいと思います。
他人に強要できるものではないので結局は自己満です。
それでも出来るだけ気をつけたほうがいいと思うのは所謂「張り付き」です。
ハイエナに使う店というのは基本的に据え置きメインのボッタ店だと思います。
そういう店に行くと大体いるのが「ひたすらシマを徘徊し続ける人」と「シマの片隅でハマり台が空くのを待ってる人」です。
前者に関しては大体打ってるときに台に反射して顔が見える確率が高いです。
後者はチラッと周囲を見たときに目が合う確率が高いです。
どっちにも言えることですが鬱陶しくないですか???
更に軍団でハイエナやってる連中がいたりするとそれはもう言葉にならない鬱陶しさがあります('A`)
ハイエナやってる人間がこんなこと思うんですから一般客からしたらどう思うか考えたことありますか?
会社にいるスロット好きのおじさんたちにそういうことされたらどう思うか聴いてみたことがあるのですが、やはりかなり気になるそうです。
狙ってる雰囲気を出されると意地でも当たるまで打ち切りたくなるという人もいました。
一般客全員がこんなこと考えてるとは限りませんが、少なくともこういう人もいるということを頭に入れておいてください。
打ち切りたいと思わせてしまったら自分達も損をすることになります。
しかし、そんなこと一切考えずに台を取ることだけしか考えていない人が大多数です。
そうなるとチャンスを潰されやすくなる上に、空いた場合も即座に確保されてしまう確率が高くなって打つ台が無くなってしまいます。
何回か顔を合わせてるうちに仲良くなってそうゆうのやめたほうがいいよと言ったこともありますが、まあハイエナ全員と仲良くなるなんてことは基本的に不可能です。
そこで「一般客になるべく意識させない方法」と「そういう連中と戦う方法」について書こうと思います。

※下記の内容はあくまで自論であり、必ずしも正解とは限らないので悪しからず

①パッキーの残高を確認するときは台の正面を避ける
ハマリ台をやめていく人というのは期待値を理解していないor天井ゲーム数を把握していない人達です。
その人達がやめるのかやめないのかを考えるタイミングは大体「パッキーの残高が0になって現金を投入するとき」です。
例えば600Gで期待値2000円ある台の580G付近を打っていたら残高を確認したくなりますよね?
残り10とかだったら「もしかしてやめるのか?」ってなりますしね(・∀・)
そのときに通りすがりを装って見ると思いますけど、歩きながらでも意外と反射で見られちゃったりするんですよ('A`)
だから斜め気味に一瞬チラッと見るのがベストです(台の真後ろを通るときは前をみて歩く)

②やめそうな人の横に座ってメダル貸し出しボタンを押す
これは①をやって残高が無いときか、やめそうな仕草をしてる人を見つけたときです。
ゆっくりパスワードを入力(1回間違えたりすると若干時間稼げます)してメダルを出します。
そうすることでその人がやめた瞬間即座に台を確保できます。
これの最大のメリットはシマの端っこで見てる人に勝てるということですw
これは横の台のデータ表示器をぽちぽちやってもOKですが個人的にはメダルを出すことをオススメします。
データ表示器を触ってると横の台の状況を見たいときに動きが不自然になるからですw
もしメダルを出しながら待っても横の人がやめずに現金を投入してしまった場合は、とりあえず立ち上がってデータ表示器でも触って首かしげながら一旦その場を離れます。
2~3分後にメダルを取りに来て流しましょう。

③声をかける
これは持ちコインで打っててハマった台をやめようとしている場合に使う方法です。
後ヅモするときも何気に使える方法です。
下皿に残ったメダルを箱に移し終わるか否かくらいで接近します。
別積みしている場合はCALLボタンを押した瞬間、1箱しかない場合は箱を持って立ち上がろうとする瞬間に「やめるんですか?」と声をかけます。
この方法はちょっとタイミングを誤ったりすると逆効果です。(やめる気が無い人に自分が台を狙ってるのがバレる)
最終手段みたいなとこありますが、この方法で台を譲って貰えなかったことは過去1度もありません。
まあやめることがほぼ確定している人に声をかけるわけなので当然っちゃ当然ですが(;・∀・)
この方法も、同じ台に目をつけているハイエナに勝つために使います。

以上になります。

番外辺として、ハイエナやってる人にありがちな「メダルを台においたまま長時間徘徊する」はやめましょう。
他にその台を打ちたい人がいるかもしれませんし、そもそも営業妨害ですからねw

正直こんなこと考えながらやってるほうが気持ち悪いというか頭おかしいかもしれませんがその辺は気にしない方向でw
ちなみ①②は現金投資中の人にしか通用しない方法なので注意してください。
貯玉で打ってる場合とかは基本的に雰囲気で察するしかありません。
やめそうな人はなんとなくやめそうなオーラを纏っていますのでなんとか見極めてください(なんとなくわかります)

最後に
結局どんな考えでやっていようが最終的にハイエナだと思われてしまったら同じ(明らかにマナーが悪い人以外は)ことなんですがなるべく一般客に意識されないようにやるべきだと思います。
一般客が育ててくれなきゃハイエナも出来ないわけですから(;´∀`)

では

-考え方

Copyright© 兼業もどきサラリーマンの時々期待値時々養分 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。