考え方

期待値について

投稿日:

こんにちは

この記事では期待値について書いていこうと思います。
期待値というもの自体はハイエナ等々やってる人達からしたら今更感満載なので、
今回はもうちょっと視野を広げた自分の行動に対する期待値について書きます。

こんなん当たり前だろっ!!って思う人がほとんどかもしれませんが(;・∀・)

天井・ゾーン狙い等の期待値は目の前の台を消化した時に稼げる金額の平均値ですが、
行動に対する期待値というのはもっと先を見据えた話になります。
所謂「損して得取れ」みたいなものです。
パチンコ・パチスロは情報戦と言われているだけあってピン稼動だと正直厳しい部分が多いってのが現実です。
その為、他の客との情報交換が必要不可欠となります。
しかし、自分の食い扶持をそう簡単に教えてくれる人なんていません(´・ω・`)
そこで、自分が持っている情報を相手に教えたり、期待値のある台を相手に譲ったりして、
仲良くなる価値のある人間であることを分かってもらう必要があります。(いやらしい話ですが)
そうすることで自分1人では知りえない情報を手に入れることが出来たりします。
実際自分が実践したのは、ほぼ間違いなく設定6が入る台を狙ってる常連さんがいるのを知っていながら、
敢えてその人より早く並んで、後から来たその人に譲る作戦です。
この作戦が功を奏し、今ではその店でジグマっぽいことが出来るようになりました。
この作戦で得られた情報は、その店のクセ・平常営業の設定状況・イベント時の設定状況などなど
どれも調べるのに結構な時間を要する情報です。
実際は、その後も積極的に話しかけたりした結果でもありますが、きっかけ作りとしては良い方法だと思います。
色々書きすぎて何が言いたいのかよく分からなくなって来ましたが、まとめると
目先の期待値にとらわれるなということです。
台自体の期待値はそれ以上にもそれ以下にもなりませんが、
行動に対する期待値は考え方1つでいくらでも高くなると考えています。
逆に、他の客に嫌われるような行動ばかり取っていると立ち回りにくくなったりします。(嫌がらせをされたりとか)
設定狙いをメインでやっている人ほどこの考え方が大事だと思っているので、
機会があったら是非実践してみてください。

-考え方

Copyright© 兼業もどきサラリーマンの時々期待値時々養分 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。